TOP > 角谷織物の紹介

角谷織物の紹介

<本社> 大阪府泉佐野市長滝1908

            TEL (0724)66-1780  FAX (0724)66-0179

角谷織物ってどんな会社??

角谷織物株式会社は、大阪の泉佐野市を拠点に日本工場と中国工場を持つ総合繊維会社です。

 

ジャケット、スカート、ブラウスなど衣料をはじめ布団カバー、枕カバーやベッドパッドなど

 

各種寝具、バスタオル、フェイスタオル等、上質な各種アイテムの製造を承っております。

 

また、バングラデシュ展開により、高品質なガムシャタオルなどオリジナル製品の開発にも

 

注力しています。

【沿革】

1930年5月(昭和5年)主として輸出用シーツ、テーブルクロスの織布工場を開始

1940年 第2織布工場設立

1950年 11月株式組織とし、名称を角谷織物株式会社と定める。

1959年 第3織布工場設立

1995年 中国現地法人青島角谷紡織用品有限公司を独資で設立

 

【役員】

代表取締役社長 角谷 晃男

常務取締役   角谷 幸男

 

【従業員】

12名

 

【資本金】

一千万円

 

【設備】

大阪府泉佐野市長滝1908

TEL (0724)66-1780  FAX (0724)66-0179

 

【関連会社】

青島角谷紡織用品有限公司 独資

青島角谷織物有限公司 独資

溜博雲峰紡織有限公司 合弁

 

【取り扱い商品】

婦人衣料(ジャケット スカート ブラウス等布帛 カットソー縫製)

シーツ各種(フラットシーツ・スッポリシーツ・ベッドシーツ)

寝装品各種(布団カバー・枕カバー・ベッドパッド)

タオル各種(タオル・おしぼり・バスタオル・タオルハンカチ・ふきん・雑巾)

タオルケット・毛布

小物雑貨(携帯ストラップ・ぬいぐるみ・レンジフィルター)

手袋・軍手

生産工場について

中国工場は独自の資本拠点を設け、生地や原料、各種資材を調達し、衣料や寝具の製作をしています。コストパフォーマンスも高く、品質の高さも特長です。

また【GamachaTowel(ガムシャタオル)】は、バングラディシュで作っています。日本のメーカーの機械で織られており、品質検査の結果は国産のタオルとほぼ同じです。バングラデシュのタオル工場と検品センターは、日本人駐在員を含め日本語堪能なスタッフが多く、事務所内、検品現場、商品ストック場所等、常に整理整頓されています。日本人の技術者の指導により、精度の高い検品・検針が可能になりました。(検針機 HASHIMA)細やかな日本の技術をバングラディシュの検針センターに伝え、品質の良いものを新興国のバングラディシュで作ることで、低価格で皆様にご提供させて頂いております。

 

取扱商品

フェイスタオル
バスタオル
 ミニタオル
寝具
フリース素材
 

 

Webショップ AMY

AMY(エイミー)は、角谷織物の運営するショッピングサイトです。

 

とってもやさしく、とっても愛らしいアイテムを取り揃え皆様のライフスタイルに心地よさをお届いたします。バングラデシュで作った「ガムシャタオル」は必見。いままでのタオルとは一味ちがう優しさを感じていただけます。

 

Webショップはこちらから

ページトップ